スポンサーサイト

投稿日:--/ --/ --

                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           

スポンサーリンク



            
                                  

        

【杖ペチ魔法使い♀の冒険の書 3話】ネタバレ・感想、2人の初めてのクエストの結果は如何に

投稿日:2017/ 06/ 24

                 

ある意味で凄い勇者イサム


怒涛の1話&2話を終えて個人的には、おバカな自称魔法使いのマオと勇者としてのオーラが皆無のイサムという超ダメダメコンビのRPGコメディーはなかなか有りそうで無さそうで楽しめました。

3話目となる今話では勇者イサムの真の力が明らかになるのですが、全く勇者としてのオーラが感じられないばかりか、好きな物はいちごのショートケーキ、好きな動物は犬と猫、BMIは22(身長体重が分からないので良いのか悪いのか分かりませんが、まあ普通と思われ)といった感じで、どこをどう取っても勇者になる資格を持ち合わせているとは思えません。

どんな手を使ってイサムは勇者になったのか個人的にはそこが気になりました。
           

杖ペチ魔法使い♀の冒険の書3話ネタバレ&概要


そんな勇者イサムとマオは、さっそくクエストをこなす事になります。

が、イサムが選んだクエストは「街のイジメっ子3人組(9歳)を叱って欲しい」という依頼で、要人の警護やドラゴンの退治といったクエストを想像していたマオの理想は、一瞬にして打ち砕かれるのでした。

そんな低レベルの依頼ですが、依頼をこなすべくさっそくクエストをこなすべく街へと繰り出したイサムとマオでしたが、街に出て早々にイサムがそのイジメっ子3人組にイジメられるという、なんともシュールな展開となってしまいます。

そのイジメっ子をマオがやや暴力的な手段で懲らしめ、イジメっ子3人組は半べそを掻きながら退散するのでした。

イサム曰く、自分がイジメられる事で他の子がイジメられないようにするらしいのですが、そもそも勇者がいじめられやすいというのもかなり考えものなような気もしますが、イサム本人が気にしてないようなので良いんですが・・・。流石にマオもそれはおかしいと思ったようですが、あえてツッコむ気はないようです。

その後、クエスト達成の報告にいじめられていたであろう子供の親がお礼を言いに来るのですが、お礼を言われたのはマオの方で、イサムはと言うと通行人に間違われる始末で、その事にイサムの気持ちは地に落ちてしまいます。

2人合わせて賢さ7、果たして大丈夫か


こうして、自称可憐な魔法使い志望のマオと全く勇者としてのオーラゼロのイサム初めてのクエストは終わった訳ですが、2人の一番の問題点というかツッコミどころなのは賢さが2人合わせても7という点な気がします。これで本当にモンスターを退治などのミッションに挑めるのか甚だ疑問です。

まあ、だから微笑ましく笑えるギャグ漫画に仕上がっているのでそこにツッコむのも野暮でしょう。加えて言えば、そんな2人だから一緒にパーティーを組む事になったとも言えますが・・・。

あと、マオは前話でイサムと緊張してろくに話せませんでしたが、今話ではなんとか話せる程度にはなっています。きっと血が滲むような努力をしたんだろうななどと勝手に想像してしまいました。


スポンサーリンク



関連記事
            
                                  

コメント

        

        

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。