FC2ブログ


        

スポンサーサイト

投稿日:--/ --/ --

                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           

スポンサーリンク



            
                                  

        

魔法少女俺の御翔桃拾が妖魔に狙われちゃう理由は黒幕の存在が関係か

投稿日:2018/ 05/ 04

                 
2018年春アニメの中で良くも悪くも異彩を放っているのが、魔法少女俺です。

愛しい人を守るために魔法少女に変身する。ここまではよくある魔法少女物の流れですが、ここからが少し他とは違います。

売れないアイドルマジカルツインの2人、主人公の卯野さき(CV:大橋彩香)とその親友の御翔桜世(CV:三澤紗千香)が想い人の名前を叫ぶとなんと男になってしまうのです。

しかも服は魔法少女のそれという違和感で、はっきり言って男装と言って差し支え無い物でなんか新たなジャンルを開拓したなという印象を持ちました。

しかもその好きな相手も、さきは桜世の兄でトップアイドルユニット・STAR☆PRINCEの御翔桃拾(CV:豊永利行)を桜世はなんとさきの事を性的に好きというなんとも複雑な三角関係になっており、男装と百合という2つの要素を併せ持っているという点もこの作品がぶっ飛んでいる点かなと思います。

テイスト自体は各アニメのオマージュなどが散りばめられている、ギャグアニメ的なテイストになっており、見やすくて笑えるアニメかなという感想を持っています。まあ、評価されるアニメかと言われれば賛否がある所でしょうが・・・。

という訳で、前置きが長くなりましたが、さきの想い人である意味でさきが魔法少女(男)になるきっかけを作った、魔法少女俺の影の主人公との呼び声が高い御翔桃拾についてフォーカスしてみたいと思います。
           

御翔桃拾がやたらと無口な理由とは


御翔桃拾は桜世の兄にして、桜世と同じように無口な性格で、ほとんど喋らないキャラ設定になっておりアニメ中では字幕表示(漫画では吹き出し無し)という無口ぶり(声優さんはちゃんと仕事してます)です。

何故無口なのかは現時点では定かではありませんが、おそらくそういうキャラ付けにした方が守られキャラとしては良いのでは無いかという予想もしてしまいますが、その無口さがある意味で主人公以上の存在感を放っています。

普段は無口な御翔桃拾ですが、STAR☆PRINCEの相方、兵衛(CV:遊佐浩二)と歌を歌う時は当たり前ですがちゃんと声を出して歌っています。

余談ですが、彼らがアニメの中で歌うED曲にもなっている「硝子の銀河」も個人的にはかなり気に入っています。

なんで御翔桃拾は妖魔に狙われちゃうの?


この話の中では、御翔桃拾が襲われてそこに魔法少女のさきと桜世が助けに入るという構図が多くなっています。何故、御翔桃拾だけが狙われるのかが疑問な点ではあります。

御翔桃拾だけが狙われる理由があるとすれば、裏で意図を引いている何者かが意図して狙わせているのか、それともただ単に御翔桃拾がそういう星の元に生まれているだけなのかのどちらかかなと感じています。

実際さきと桜世を魔法使いとして契約させた見た目は強面のその筋の人にしか見えない、自称妖精のココロちゃんも「御翔桃拾には何かあるのかもしれない」と言っていたので、誰かが裏で手を引いており、黒幕が居るんだろうなという気はしています。

今までの話の流れを見る限りだと、兵衛が一枚噛んでいるような気がしてなりません。とはいえ、元々ギャグ漫画なんで黒幕がいようよいまいとどちらでも良い気もします。

とにもかくにも、今後最終話に向けてどんな展開になるのか楽しみです。


スポンサーリンク



関連記事
            
                                  
    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。