【楽々神話 4話】ネタバレ・感想、司と神無の元に暗殺者水希襲来

楽々神話もいよいよ4話に突入し、司と神無の共同生活も本格化しています。3話では、偶然立ち寄った神社でインチキ巫女さんの神代美穂と出会い新たな交流が芽生えます。


4話では、今度は司と神無が住む家に、水希と名乗る神無が出て来た神様の世界の高天原からやって来ます。この水希も1話で出て来た羽京天津神と同じく神無を暗殺するべく送り込まれた刺客でした。
ただ、この水希が以前の羽京天津神と少し異なるのは、堂々とインターホンを押して来訪したり、神無と出会って早々にぶん殴られたりするなど、かなりドジっ娘というか抜けている感じのキャラクターでした。


あげくに、司と神無が住む家に上がり込んで2人と話始めて早々に神無を殺しに来た事を暴露しそうになる(司はすぐに気付きますが、神無はそれでも気付いていない)など、暗殺者として少し間抜けと言った感じすらあります。というかそもそも、暗殺者がわざわざインターホンを押して家に訪問したりしないとは思いますが・・・。


そして、水希は何をしに来たとの問いに「人間界に降りてきた神無様が心配という」見え見えの嘘を付きますが、司にすぐに見破られてしまいます。事ここに至り、水希は神無抹殺を遂行しようとしますが、神無にライジングパンチ?なる物を食らって秒殺されてしまい、ついには神無にボコボコにされていしまいます。



どうも水希は水を操る能力があるらしいのですが、そもそも水が無い場所では勝負にもならなそうなので、よくそれで神無を暗殺しようと思ったなという気すらします。


結局、水希は神無を抹殺するどころか逆に神無の下僕にさせられてしまい、神無暗殺が成功するまでは高天原に帰ってくるなと厳命されている関係で、高天原に帰る事も出来なくなった事で、神無に続いて水希までもが司の家に居候(司は認めていない)する事になってしまいます。


水希の登場によって、5話以降も水希がレギュラーキャラとして登場する事になりそうですが、司はまたしても厄介者を神様の世界から受け入れる事になってしまいます。


第4話の全体的な感想としては、神無はおつむはからっきしだけど、いざ戦ったら結構強く、水希が暗殺に来てももはやギャグ要因にしかならない程です。確かに水希も水を自由自在に扱えるなど、地味に凄い能力を持っていましたが、それを無にしてしまいました。そう考えると、何気に神無は強いんだと改めて再認識しました。


ただ、水希は性格面はともかくとしても、以前の羽京天津神と比べても明らかに戦闘能力が落ちる感は否めず、今話に関して言えば、高天原側は明らかに人選ミスをしたと言わざるを得ないでしょう。

いずれにしても、水希という新キャラも登場して、今後の展開が楽しみになってきました。
関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

netabaretyou

Author:netabaretyou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR